パッケージDXのメンバー機能

DXタイプのメンバー機能は、ユーザーが予約の度に個人情報の入力を省く事ができます。また、FacebookまたはGoogleアカウントと連携する事によりログイン手続きの簡素化、 面倒なメールアドレスとパスワードの入力を省略することができます。

メールサポート このページで紹介している機能や操作方法などについて、ご質問がありましたら下記のボタンよりお気軽にご質問ください。 このページの機能について質問する

パッケージDX PHP環境のページに戻る

コントロールパネルからのメンバー管理について

メンバーリスト

コントロールパネルに登録されているメンバーの一覧

コントロール(管理システム)パネル内のメンバーより、メンバー登録しているユーザーを確認する事ができます。

コントロールパネルからのメンバー登録

管理システム内のメンバーの登録

管理者自らが新たにメンバーを追加する事ができます。メンバーの登録項目の内容は、コントロール(管理システム)パネル内の 環境設定 入力項目 内にある個人情報の設定値が元になります。

各メンバーの個人情報の更新と予約履歴

管理システム内の履歴

各メンバーの「個人情報」では、メンバー情報の更新、ログインパスワードの変更、メンバーライセンスの一時停止、メンバーの削除を行う事ができます。
予約履歴の確認は「予約リスト」より予約の確認と、その予約のキャンセルを行う事ができます。

メンバー機能の環境設定

管理システム内のメンバー設定

メンバー機能の設定は、コントロール(管理システム)パネル内の「環境設定」より行う事ができます。
FacebookとGoogleのアカウントとの連携に必要な設定も行う事ができます。

Facebookアカウント(アプリ)との連携 NEW!

Facebookアカウント(アプリ)と連携するには、Facebook developersに登録する必要があります。
既にFacebook developersに登録しているお客様は、下記の手順でアプリケーションとして追加してください。
尚、アプリケーションの追加の手順等は、2013/04/01時点のものとなりますので、詳細なアプリケーションの登録手順は、Facebook developers内のドキュメントをご確認ください。

※ JavaScript非対応の携帯電話ではご利用いただけません。

新しいアプリケーションを追加

管理システムとFacebookの関連付け
Facebook Developersのページ上部にある「My Apps」をクリック後に、赤枠にある「Add a New App」をクリックしてください。

プラットフォームの選択

管理システムとFacebookのプラットフォームの選択

赤枠のウェブサイトを選択してください。

Quick Start for Website 手順1

管理システムとFacebookの設定手順 1

Quick Start for Websiteのページでは、赤枠のフォーム内に任意のアプリケーション名を入力後に、「Create New Facebook App ID」ボタンをクリックしてください。

Quick Start for Website 手順2

管理システムとFacebookの設定手順 2

「Quick Start for Website その1」で「Create New Facebook App ID」ボタンをクリックするとイメージ画像のようなページが表示されますので、「Is this a test version of another app?」は、Noを選択して、「カテゴリ」では適した項目を選択してください。
登録内容に誤りがない場合は、赤枠の「Create App ID」をクリックしてください。

Quick Start for Website 手順3

管理システムとFacebookの設定手順 3

ページ下方にある「Tell us about your website」内の赤枠の「Site URL」には、パッケージDXを運用するドメイン名を入力して、「Next」ボタンをクリックすると、ページ下方に「Test your Facebook Integration」が表示されますがページ下方までスクリールをしてください。
「Next Steps」内の「Skip to Developer Dashboard」をクリックするか、ページトップにある「My Apps」をクリックして作成したAppをクリックして次の手順にお進みください。

Appの設定 (Setting)

管理システムとFacebook側ののAPP設定

ページ上部の「My Apps」から作成したアプリケーションをクリックして、サイドメニュー内の「Setting」をクリックしてください。
「Setting」ページ内の赤枠にある「App Domains」には、パッケージDXを設置してあるドメイン名を入力し、「Contact Email」には、有効なメールアドレスを入力して「Save Changes」ボタンを押して変更内容を保存してください。

Appの設定 (Status & Review)

管理システムとFacebook側ののAPP設定 その2

サイドメニュー内の「Status & Review」をクリックして、赤枠のスイッチをONにしてください。

Appの設定 (Dashboard)

管理システムとFacebook側ののDashboard設定

サイドメニュー内の「Dashboard」をクリックして、赤枠の「App ID」の値と「App Secret」の値をそれぞれ、 コントロール(管理システム)パネル内の「環境設定」→「メンバー設定」内の「Facebook」項目内に設定してください。

Googleアカウントとの連携

Googleアカウントと連携するには、Google Developers Consoleで設定する必要があります。 Google Developers Consoleでプロジェクトを作成していない場合は、Google Developers Console内の「プロジェクトの作成」よりプロジェクトを新たに作成してください。

※ JavaScript非対応の携帯電話ではご利用いただけません。

APIと認証の認証情報

管理システムとGoogleアカウントとの連携

Google Developers Consoleで作成したプロジェクト名を選択後に、「APIと認証」内にある「認証情報」をクリックしてください。

  1. Google Developers Consoleで作成したプロジェクト名を選択後に、「APIと認証」内にある「認証情報」をクリックしてください。
  2. イメージ画像のようなページが表示されますので、ページ上部の赤枠の「認証情報を追加」をクリックして「OAuth 2.0 クライアント ID」を選択してください。

クライアント ID の作成

管理システムとGoogleのクライアント作成

「クライアント ID の作成」必要事項を入力して、「作成」ボタンをクリックしてください。

  1. 「クライアント ID の作成」のアプリケーションの種類では、「ウェブ アプリケーション」を選択して、「作成」ボタンをクリックしてください。
  2. 「名前」には、任意のアプリケーション名を入力してください。
  3. 「承認済みの JavaScript 生成元」には、パッケージDXを設置したサーバーのドメイン名を入力してください。
  4. 「承認済みのリダイレクト URI」には、コールバック先のURLを設定します。
    ※ システムを設置しているURLが、「http://www.yourdomain.com/calendar_dx/」の場合は、「http://www.yourdomain.com/calendar_dx/libraries/SNS.php?check=callback&service=google」とします。

OAuth クライアント

GoogleのOAuthの設定

「OAuth クライアント」パネル内の「クライアント ID」と「クライアント シークレット」をコントロール(管理システム)パネル内の「環境設定」→「メンバー設定」内の「Google」項目内に設定してください。

Client IDとClient secretをコントロールパネルに追加

作成したアプリのClient IDとClient secretをコントロールパネル内の 環境設定 メンバー 内にある「Google」の項目に登録してください。

メールサポート

このページで紹介している機能や操作方法などについて、ご質問がありましたら下記のボタンよりお気軽にご質問ください。 このページの機能について質問する

その他の関連項目

パッケージDX PHP環境のページに戻る