パッケージDXをサーバへの設置について

パッケージDX「calendar_dx」ディレクトリそのものをサーバーへ転送するだけで、予約システムをご利用いただく事ができます。

※ サーバーの環境によっては、下記の「パッケージDXの構成ファイル」を参考にパーミッションを設定する必要があります。

パッケージDX PHP環境のページに戻る

構成ファイルのダウンロード

サーバーへアップロードしたパッケージDXのパーミッション(属性)の設定は、下記のPDFファイルをダウンロードして設定を行ってください。

パッケージDXの構成ファイルの一覧をダウンロード(PDF)

サーバーへ全てのファイルのアップロードとパーミッション(属性)の設定が完了しましたら、コントロールパネルでライセンス認証とデータベースの設定を行って予約システムが動作する状態にしてください。

予約システムのURL

トップディレクトリにcalendar_dxディレクトリを設置した場合の各種URLは、下記の通りとなります。

コントロールパネル(システム管理)

http://yourdomain.com/calendar_dx/Control.html

予約カレンダー(スマートフォン含む)

http://yourdomain.com/calendar_dx/index.html
http://yourdomain.com/calendar_dx/Reservation.html
http://yourdomain.com/calendar_dx/SmartPhone.html
上記のindex.html、Reservation.html、SmartPhone.htmlが初期状態の予約ページHTMLファイルとなります。

その他の関連項目

パッケージDX PHP環境のページに戻る