ユーザー用カレンダーに使用するレイヤー設定について

このページはパッケージDX以外の予約システムで、ユーザー用カレンダーに表示されるページデザインの設定方法の説明するページになります。
パッケージDXは「ユーザー用カレンダーのレイアウトについて」をご確認ください。

レイヤー設定で反映されるページデザイン

一般のユーザー向けのページのレイアウト

レイヤー設定は、お客様が現在使用されているホームページのデザインを予約システム内で表示される機能になります。左のレイヤー設定後のイメージでは、 赤いラインで囲われた外側がレイヤー設定で反映された箇所となります。内側は予約システムのカレンダーが表示されます。
ユーザー用カレンダー表示領域の幅のみが固定値となり、表示領域の高さは状況により可変となります。

予約システムのレイヤーの設定方法

管理画面内にある「レイヤー設定」で任意のHTMLファイルをアップロードする事により、予約システム内にお客様がデザインされたHTMLファイルを表示させることができます。

レイヤー用として使用するHTMLファイルの設定

お客様が作成されたレイヤー用HTMLファイルの中に、ユーザー用カレンダーを表示したい場所にと記入してください。 (の前後には他のタグが入らないようにしてください。)
また、HTMLのtitleタグには「$title」と入力してください。

※ 携帯電話用のユーザー用カレンダーにはレイヤー設定を行う事は出来ません。

HTMLファイルの正しい設定例

<html>
<head>
<title>$title</title>
</head>
<body>
<!-- 下記のタグにユーザー用カレンダーが表示されます -->
<CART_FORM>
</body>
</html>

下記の場合は、正しくレイヤー設定が行われません

<html>
<head>
<title>$title</title>
</head>
<body>
<!-- 下記の様に<CART_FORM>タグの行には他のタグを含めないでください -->
<br /> <CART_FORM> </body>
</html>

レイヤー用HTMLファイルの作成時の注意点