カルチャー施設の教室ごとにアカウントを作成

カルチャー施設の教室ごとにアカウトを作成して予約システムを運用します。例えば「料理教室」「書道教室」「手芸教室」のそれぞれのアカウントを作成して、 作成した教室のアカウントごとに定員とスケジュールの設定を行うことで運用が可能になります。

アカウントの管理

パッケージDXEXでは、アカウントごとに異なる予約スケジュール、プラン、定員の設定を行うことができます。
パッケージDXでは、日単位の時間ごとに異なる定員の上限の設定が行えます。
パッケージEXでは、曜日単位で異なる定員の上限の設定が行えます。

予約メールの自動送信

ユーザーが予約システム上で予約手続きが完了しますと、ユーザーと予約システムの管理者双方にサーバーより予約メールが自動送信されます。
予約キャンセル時も同様の対応となります。

外部カレンダーとの予約状況の共有

各パッケージでは、Googleカレンダーや、iPhoneカレンダーなどの外部カレンダーと予約システム内の予約ユーザーの情報を共有することができます。
詳細は、予約ユーザーを外部カレンダーの連携をご確認ください。

予約ユーザーの確認

お客様のサーバー内に設置した各パッケージは、専用の管理画面があります。 その管理ページ内の予約リストまたは、予約状況より予約ユーザーの詳細情報などを確認することができます。